レポート

「レポート」

vtigerCRMには標準で25種類のレポートが設定されています。また、ユーザーが独自のレポートを作成することも可能です。

作成できるレポートの種類は詳細レポートとチャート(グラフ)レポートの2つのタイプがあります。





作成したレポートを保存するフォルダを作成することができます。





詳細レポート

「+レポートの追加」から「詳細レポート」をクリックします。





「レポート名」、「レポートフォルダ」、「主要モジュール」を入力または選択します。関連モジュールを選択しておくと関連したモジュールの項目も選択可能になります。





カラムを選択します。また、グループ化したい項目を選択するとグループで集約されます。





フィルタ条件を設定します。上段はAND条件で下段はOR条件です。





生成されたレポート画面です。

印刷、CSVやEXCEL形式での出力が可能です。





印刷結果





CSVでエクスポートされた結果







チャート(グラフ)レポート

「+レポートの追加」から「チャート」をクリックします。





「レポート名」、「レポートフォルダ」、「主要モジュール」を入力または選択します。関連モジュールを選択しておくと関連したモジュールの項目も選択可能になります。





フィルタ条件を設定します。上段はAND条件で下段はOR条件です。





グラフタイプを選び、集計フィールドと日付フィールドを選択します。





生成されたグラフのレポート画面です。










習志野システム

URL:http://www.narashino-sys.com/

「vtiger CRMを導入したいが専門家が社内にいない」、「自分たちでやってみたが上手く行かない行かない」、「標準のままでは日本では使いづらい」などのお悩みのお客様に習志野システムでは各種支援サービスをご提供しています。

vtiger CRM構築サービス
 

LAMP(Linux,Apache,MySQL,PHP)環境を構築して、ApacheやPHPの設定をvtiger CRM用に変更します。

vtiger CRMをインストール後、日本語言語パックを適用。日本市場にフィットするよう当社制作のベーシックカスタマイズ適用します。

詳細はこちらへ

セールスフォースより乗り換え支援サービス

CRM市場No1のセールスフォースドットコムは大変素晴らしいクラウドサービスです。しかし、導入されたすべての会社がその機能を使いこなせているとは限りません。セールスフォースドットコムの維持コストは結構大きなものです。

セールスフォースドットコムの見直しをされているなら、ぜひvtiger CRMをご検討ください。

詳細はこちらへ