見込み客から顧客への昇格


見込み客と顧客企業、顧客担当者、案件の関係

vtigerCRMで扱う顧客情報のメインとなるのが、「見込み客」、「顧客企業」、「顧客担当者」及び「案件」です。

未だ取引の可能性が未知な状態のお客様は「見込み客」で一旦管理します。

電話や訪問面談を経て、取引の可能性があり、相手先として与信も問題無い場合は「取引の対象」として、「顧客担当者」、「顧客企業」に昇格します。同時に商談が発生する場合は「案件」を作成して管理していきます。

勿論、「先代からの取引先」などの既存顧客は見込み客と言うステージを経由しないで直接、「顧客担当者」や「顧客企業」になります。





見込み客から顧客への昇格する機能

vtigerCRMの便利な機能として既にある「見込み客」を「顧客」の情報である、「顧客担当者」、「顧客企業」及び「案件」へ昇格させ、データを引き継ぐ機能があります。

「見込み客」の概要表示または詳細表示の画面の右上に「顧客へ昇格」ボタンがありますのでクリックします。





ポップアップ画面が出ます。既定の状態では案件にはチェックが入っていません。案件を作成しない場合はこのまま「保存」ボタンをクリックします。





「案件」も同時に作成する場合はチェックを入れると下記の入力欄が出ます。

完了予定日と営業ステージを入力して「保存」をクリックします。





生成された「顧客企業」の詳細表示です。





生成された「顧客担当者」の詳細表示です。





生成された「案件」の詳細表示です。





見込み客から昇格 データの移行表

下記は「見込み客」から「顧客企業」、「顧客担当者」及び「案件」に引き継がれる項目の一覧です。

見込み客
顧客企業
顧客担当者
案件








敬称

敬称
会社名
顧客企業名

案件名
電話
電話 勤務先電話
電子メール
電子メール
電子メール

予備電子メール

予備電子メール

Web サイト
Web サイト


紹介元

紹介元
紹介元
業界
業界


年間売上高
年間売上高


従業員数
従業員数


格付け
格付け


郵便番号
郵便番号 (請求先)
郵便番号 (郵送先)

郵便番号
郵便番号 (発送先)


都道府県
都道府県 (請求先)
都道府県 (郵送先)

都道府県
都道府県 (発送先)


市町村区
市町村区 (請求先)   
市町村区 (郵送先)

市町村区
市町村区 (発送先)


番地
番地 (請求先)
番地 (郵送先)

番地
番地 (発送先)



国 (請求先)
国 (郵送先)   


国 (発送先)   


私書箱
私書箱 (請求先)
私書箱 (郵送先)

私書箱
私書箱 (発送先)


説明
説明 説明 説明





習志野システム

URL:http://www.narashino-sys.com/

「vtiger CRMを導入したいが専門家が社内にいない」、「自分たちでやってみたが上手く行かない行かない」、「標準のままでは日本では使いづらい」などのお悩みのお客様に習志野システムでは各種支援サービスをご提供しています。

vtiger CRM構築サービス
 

LAMP(Linux,Apache,MySQL,PHP)環境を構築して、ApacheやPHPの設定をvtiger CRM用に変更します。

vtiger CRMをインストール後、日本語言語パックを適用。日本市場にフィットするよう当社制作のベーシックカスタマイズ適用します。

詳細はこちらへ

セールスフォースより乗り換え支援サービス

CRM市場No1のセールスフォースドットコムは大変素晴らしいクラウドサービスです。しかし、導入されたすべての会社がその機能を使いこなせているとは限りません。セールスフォースドットコムの維持コストは結構大きなものです。

セールスフォースドットコムの見直しをされているなら、ぜひvtiger CRMをご検討ください。

詳細はこちらへ