見込み客

見込み客

「見込み客」はCRM(顧客関係)システムのモジュールで非常に重要でかつ利用頻度の高いモジュールです。

様々な販売促進活動から得られた将来のお客様の情報を一元管理するのが「見込み客」モジュールの役目です。

「見込み客」のお役様をフォローしていく過程で見込みのあるお客様と具体的な商談を行い受注を獲得します。
具体的な取引が開始したら「顧客担当者」や「顧客企業」に昇格させます。


見込み客の作成方法

見込み客の作成方法は下記の5つの方法があります。

  1. クイック作成
  2. 手動入力
  3. 電子メールよりの取り込み
  4. Webフォームからの取り込み
  5. インポート




クイック作成

他のモジュールの操作画面でも右上の「+」をクリックすると、クイック作成の画面が出ます。





「クイック作成」で「見込み客」をクリックすると、最小限必要な入力項目が出ます。他の作業中に忘れないで見込み客を登録したい場合に便利です。





インポート

「見込み客」画面の左上の「操作」をクリックすると「インポート」メニューが出ます。

既に他のシステムで作成された見込み客リストを一括登録するのに便利です。





電子メールからの取り込みとWebフォームからの取り込みは別途説明します。




見込み客モジュールの説明

一覧表示の画面です。





概要表示の画面です。





詳細表示の画面です。





「編集」画面です。

「見込み客」に関する各種情報を編集します。

通常の住所録とCRMとに違いは、「人」に関してさまざまな分類、検索、絞り込みが行える各種項目があり、それらを有効に活用することで商談の進行を促進することができる事です。





紹介元

見込み客をどのような方法、経緯で獲得したかを区分します。





業界

見込み客が属する業界を区分します。





見込み客ステータス

現在、その見込み客との接触状態や見込み度がどの程度かを区分します。





格付け

見込み客が取引にふさわしいかを区分します。








関連リスト

見込み客の概要表示と詳細表示の画面の右側には関連リストの一覧があります。

個々の見込み客と他のモジュールとの関連付けを行うことが出来ます。

下記はマーケティングモジュールとの関連付けの一覧です。





関連リストの「活動」の一覧です。

新たに予定や活動をここから作成することが出来ます。





「活動」の「予定」を作成する画面です。





作成された予定は一覧表示に追加されます。





「予定表」の方にも同時に登録されます。

電話で面談の申し込みを行い予定が決まったら、その場で予定を作成できます。





フィルタによる絞り込み

「見込み客」は日々どんどん増えていきます。多くなった見込み客を効率的にフォローするには絞り込みが必要です。

一覧表示の上部にフィルタがあります。ここで様々な条件を設定できるフィルタを作成することが出来ます。

「新規フィルタの作成」をクリックします。





「表示名」を入力します。

「カラムと順番の選択」で表示させたい項目を選択します。

「フィルタ条件の選択」で条件を設定します。上がAND条件で下がOR条件です。





フィルタを適用した結果です。







「見込み客」モジュールはCRMの中核モジュールです。有効に活用すれば営業活動の効率が上がり成果に結びつく確率が向上します。






習志野システム

URL:http://www.narashino-sys.com/

「vtiger CRMを導入したいが専門家が社内にいない」、「自分たちでやってみたが上手く行かない行かない」、「標準のままでは日本では使いづらい」などのお悩みのお客様に習志野システムでは各種支援サービスをご提供しています。

vtiger CRM構築サービス
 

LAMP(Linux,Apache,MySQL,PHP)環境を構築して、ApacheやPHPの設定をvtiger CRM用に変更します。

vtiger CRMをインストール後、日本語言語パックを適用。日本市場にフィットするよう当社制作のベーシックカスタマイズ適用します。

詳細はこちらへ

セールスフォースより乗り換え支援サービス

CRM市場No1のセールスフォースドットコムは大変素晴らしいクラウドサービスです。しかし、導入されたすべての会社がその機能を使いこなせているとは限りません。セールスフォースドットコムの維持コストは結構大きなものです。

セールスフォースドットコムの見直しをされているなら、ぜひvtiger CRMをご検討ください。

詳細はこちらへ