マーケティング

マーケティング

マーケティング・モジュールは企業が行う販売促進活動を一元的に管理します。

新聞広告、チラシ、ダイレクトメール、展示会、セミナー、電子メールによるメールマガジン配信、プレスリリースなどの販売促進活動を個別に作成してマーケティング活動を支援します。

マーケティングの一覧表示画面です。





マーケティングの詳細表示画面です。

右側の関連リストに見込み客、顧客担当者、顧客企業などのマーケティング対象となるモジュールがあり、これらを個々のマーケティングに関連付けすることが出来ます。





「見込み客」を追加してみます。

関連リストの「見込み客」をクリックして、「選択 見込み客」のボタンをクリックします。





ポップアップ画面が出ますので、今回のマーケティング(メールマガジン)を送付したい人を選択して、「選択」ボタンをクリックします。





マーケティングの関連リストに追加されました。





リストで電子メールを送りたい人を選択して、「電子メールの送信」をクリックすると、メール送信画面が出ます。





レポート機能を利用

上記の方法で電子メールを送信することが出来ますが、例えば、見込み客に選択する条件を増やしたい場合、別のメール配信システムを利用したい、郵送でDMを送りたいので住所情報が欲し、等の処理を行いたい場合はマーケティングモジュールでは対応できません。

そういった場合は「レポート」の機能を利用します。

ナビゲーション・メニューの「すべて」から「レポート」を開きます。

「+レポートの追加」で「詳細レポート」を選択します。





レポート名を入力し、レポートフォルダを選択します。

主要モジュールは「マーケティング」を選び、関連モジュールに「見込み客」を選択します。「次へ」をクリックします。





「カラムの選択」で表示したい項目を選びます。グループ化したい項目を選択するとその項目でグループ化されます。「次へ」をクリックします。





フィルタ条件の選択で細かな条件設定が可能です。上の方がAND条件で下の方はOR条件です。

下記の例では「マーケティング名」が「10月メールマガジン」に選ばれた「見込み客」で「電子メール送信から除外」が「無効」な人をフィルタします。

「レポートの生成」ボタンをクリックします。





画面の下部に選択された一覧が出ます。

画面右上の「CSVエクスポート」をクリックすると選択されたリストがCSVファイルでダウンロード出来ます。





生成されたCSVファイルの中身です。





レポート機能を利用すれば、希望の条件で希望の項目をCSVファイルとして取り出すことが可能です。



習志野システム

URL:http://www.narashino-sys.com/

「vtiger CRMを導入したいが専門家が社内にいない」、「自分たちでやってみたが上手く行かない行かない」、「標準のままでは日本では使いづらい」などのお悩みのお客様に習志野システムでは各種支援サービスをご提供しています。

vtiger CRM構築サービス
 

LAMP(Linux,Apache,MySQL,PHP)環境を構築して、ApacheやPHPの設定をvtiger CRM用に変更します。

vtiger CRMをインストール後、日本語言語パックを適用。日本市場にフィットするよう当社制作のベーシックカスタマイズ適用します。

詳細はこちらへ

セールスフォースより乗り換え支援サービス

CRM市場No1のセールスフォースドットコムは大変素晴らしいクラウドサービスです。しかし、導入されたすべての会社がその機能を使いこなせているとは限りません。セールスフォースドットコムの維持コストは結構大きなものです。

セールスフォースドットコムの見直しをされているなら、ぜひvtiger CRMをご検討ください。

詳細はこちらへ